指定指導法 正面打ち四ヶ条抑え(二)

まず最初に、四ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。

四ヶ条の持ち方は、自分の人差し指の付け根を、相手の手首内側、手首より10cm以内の脈部の線上に当て、小指側三本を固定し、もう一方の手は、手の甲側を持ちます。

この形から、人差し指の付け根に力を集中し、相手に激痛を与え、相手を崩します。

正面打ち四ヶ条抑え(二)は、受けより正面を打ってきたとき、その手刀を受け流して、四ヶ条に極め、うつ伏せに制し、抑える技です。


概略:正面打ち四ヶ条抑え(二)


お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の正面を打ち、仕手はこれを受けます。

仕手は、左足を軸に後方に180度回転し、受けの力を受け流します。

次に、肘を持った左手を四ヶ条の位置にあてがい、小さく後方に回転、四ヶ条を締めながら、突き上げます。

さらに大きく回転し、切りおろし、右足を大きく前進させ、相手を完全にうつ伏せにし、さらに四ヶ条を締めます。

相手と平行に向きを変え、相手の腕を自分の体に固定し、抑えます。


詳細:正面打ち四ヶ条抑え(二)


この技は(ニ)の技なので、お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の正面を打ち、仕手はこれを受けます。

続いて左足を軸に後方に180度回転し、相手の肘関節を掴んだ左手を丸く返し、相手を崩します。

次に肘にあてがった左手をずらし、四ヶ条に持ちます。

後ろ足を小さく後方に回転させ、相手の肘を突き上げるように、四ヶ条を締め、受けの体勢を浮かせます。

続いて四ヶ条に締めた手を返しながら、後ろ足を後方に大きく回転し、相手の肘で大きな円を描くように、腰の高さまで切りおろします。

右足を大きく前方に進め、相手をうつ伏せにし、左膝を相手の脇口に着き、さらに、四ヶ条を締めます。

右足を相手の頭近くに寄せ、相手と平行に向きを変え、右手をずらして四ヶ条を極めている左手の横を持ちます。

左手の四ヶ条を離し、相手の右手首小指側を、左肘にはさみ、左手で自分の胸を掴み、相手の腕を自分の体に固定します。

左腰を相手の頭の方向に入れ、肘、肩を極めて抑えます。


注意点:正面打ち四ヶ条抑え(二)


四ヶ条に締める時は、単なる握力で締めたり、ねじ曲げるような動きにならないように注意します。

四ヶ条を極める手は、常に一定の間隔を保ち、手で押したり、引いたりしないようにします。

また、四ヶ条は体の回転に合わせた、集中力と固定力によって極めるようにします。

同じ軸足で三回回転しますが、軸足の位置がずれたり、重心が後ろに下がらないように注意します。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


できる合気道 第一巻 初級編 [ 安藤毎夫 ]