指定指導法 正面打ち四ヶ条抑え(一)

まず最初に、四ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。

四ヶ条の持ち方は、自分の人差し指の付け根を、相手の手首内側、手首より10cm以内の脈部の線上に当て、小指側三本を固定し、もう一方の手は、手の甲側を持ちます。

この形から、人差し指の付け根に力を集中し、相手に激痛を与え、相手を崩します。

正面打ち四ヶ条抑え(一)は、仕手より相手の正面を手刀で打ち、受けた受けの腕を切りおろし、四ヶ条に極め、うつ伏せに制し、抑える技です。


概略:正面打ち四ヶ条抑え(一)


お互いに相半身に構え、接近し、仕手は相手の正面を打ち、受けはこれを受けます。

仕手は、右斜め前方に進みながら、両手を丸く切り下ろします。

肘にあてがった左手を四ヶ条にあてがい、前足から前進し、四ヶ条に極めます。

続いて、左足、右足と進み、相手を完全にうつ伏せにし、もう一度、四ヶ条を極めます。

相手と平行に向きを変え、相手の腕を自分の体に固定し、抑えます。


詳細:正面打ち四ヶ条抑え(一)


この技は、(一)の技ですので、お互いに相半身に構えてから接近し、仕手の方より前進しながら相手の正面を打ちます。

受けはこれを受け、このとき仕手は、左手で受けの肘関節を掴み、右斜め前方に進みながら、両手を丸く切り下ろし、相手を崩します。

左手を肘から四ヶ条の位置にずらし、右手は手の甲を持ちます。

右足を前進させると同時に、相手の肘を前に出すように、四ヶ条を極め、受けを崩します。

相手の肘を畳に突き込むような気持ちで、四ヶ条をゆるめずに、左足を相手の脇口に進め、さらに右足を大きく前方に進め、相手をうつ伏せにし、左膝は相手の脇口に着きます。

ここで、さらに腰の力を伝え四ヶ条を極めます。

右足を相手の頭近くに寄せ、相手と平行に向きを変え、右手をずらし、四ヶ条を極めている左手の横を持ちます。

左手の四ヶ条を離し、相手の右手首小指側を、左肘にはさみます。

左手で自分の胸を掴み、相手の腕を自分の体に固定し、左腰を相手の頭の方向に入れ、肘、肩を極めて抑えます。


注意点:正面打ち四ヶ条抑え(一)


四ヶ条を極めるときは、単なる握力になったり、ねじ曲げる動きにならないように注意します。

また、四ヶ条を極めている手は、腰前で一定の間隔を保ち、手で押すのではなく、体の動きに合わせて極めるようにします。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(二) 千野進