指定指導法 片手持ち側面入り身投げ(一)

入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。

相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」です。


片手持ち側面入り身投げ(一)は、相手が片手を持って引いてきたときに相手の力の線をはずし、側面入り身投げで後方に倒す技です。

体の変更(一)の動きが基本になります。


概略:片手持ち側面入り身投げ(一)


お互いに相半身に構え、接近し、受けは仕手の手を持ち引いてきます。

仕手は、右足を受けの右足前に進めると同時に、両手を丸く返し、体勢を沈めて斜め前方を向きます。

次に、左足を大きく相手の後方に進め、左手を首筋に向かって丸く突き出し、右手は相手のわき腹に添えます。

左足をさらに前進させ、両手を一気に切りおろし、相手を後方に倒します。


詳細:片手持ち側面入り身投げ(一)


この技は、(一)の技ですので、お互いに相半身に構えてから接近し、受けは仕手の手を持ち引いてきます。

受けの引く力に合わせ、受けの前足先と仕手の足が、アルファベットの「T」の字になるように、右足を進めます。

このときに、腰を回転させ、体勢を沈め、右斜め前方を向くようにします。

同時に、持たれている左手を手の平を上に向けて返しながら、体の向いている方向にえぐり出し、腰の力を伝えます。

このとき、左手は胸の高さ、右手は段違い平行に置き、両手の幅は胸の幅、後足は前足の踵近くで、地面すれすれまで引きつけます。

次に仕手の左腰が相手の右腰に密着するくらいまで大きく左足を相手の後方に進め、同時に、左手を相手の首筋に向かってすべり込ませるように丸く突き出します。

さらに左足を前進させ、両手を一気に切りおろし、相手を後方に倒します。

このとき、手の平は上向きになります。

最後は、気持ちを集中させ、残心を取ります。


注意点:片手持ち側面入り身投げ(一)


はじめに体勢を沈めるときには、腰が後方に引けたり、上体が前に倒れず、首筋から背中、腰の線が一直線になるようにします。

丸く突き出す左手は前足の延長線上にあるようにします。

最後の切りおろしは、手を横に振ったり、あるいは手だけを切りおろす形にならないようにします。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(二) 千野進