指定指導法 正面打ち正面入り身投げ(一)

入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。

相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」です。


正面打ち正面入り身投げ(一)は、仕手より受けの正面を手刀で打ち、次に相手の力の線をはずし、正面入り身投げで後方に倒す技です。


概略:正面打ち正面入り身投げ(一)


お互いに相半身に構え、接近し、仕手は相手の正面を打ち、受けはこれを受けます。

受けた相手の手刀を受け流し、左足を進めて受けの側面に入り、さらに大きく進み、右手を相手の胸から首筋にかけてすり上げます。

このとき、左手は相手の後襟をつかんでいます。

後足から相手の後方に向かって進み、左右の手を合わせるようにし、相手を倒します。


詳細:正面打ち正面入り身投げ(一)


この技は(一)の技なので、お互いに相半身に構え、接近し、仕手の方より前進しながら相手の正面を打ちます。

受けは相手はこれを受け、仕手は左手を受けの受けた右手の肘に添えます。

後足から相手の斜め後方に入りながら、右手を胸の高さまで切りおろし、相手の力の線をはずします。

さらに大きく踏み込みながら右腰を切り、右手を相手の胸から首筋にかけてすり上げます。

このとき、左手は相手の後襟をつかみ、相手の体を後方に反らせます。

また、この一連の動きは一挙動にて行います。

続いて、後足から相手の斜め後方に向かって進み、すり上げた手刀を、上からかぶせるように返し、後襟をつかんだ方の手は、もう一方の手の動きに合わせ同一方向に切り崩し、相手を後方に倒します。

最後は、手の平を下に向け、残心を取ります。


注意点:正面打ち正面入り身投げ(一)


はじめに相手の受けた手刀の力を流す時は、あくまで受け流す感じで、あまり下の方まで切りおろさないようにします。

大きく踏み込んで右手をすり上げたときは、前足に十分重心をのせて、相手を崩します。

相手の斜め後方に進むときも、そのまま重心を上げずに進み、投げます。



参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術全集 3