指定指導法 片手持ち四方投げ(二)

四方投げとは、相手の腕を肩口に折りたたんで後方、あるいは四方に投げる技で、終末動作の動きが基本となります。

片手持ち四方投げ(二)は、相手が片手を持って押してきたときに、その力を受け流し、四方投げで後方に倒す技で、終末動作(二)と同じ動きになります。


概略:片手持ち四方投げ(二)


お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の左手を持ち押してきます。

仕手は、相手の顔面に当身をいれ、左足を軸に後方に180度回転します。

このときに右手は相手の右手に添え、両手を額の前に振りかぶります。

重心を移動し、体の向きを180度変え、構えの形となり、このときに相手の腕を肩口に折りたたみます。

右足を前進させ、折りたたんだ手を切りおろし、相手を倒します。


最後に、顔面に手刀で当身を入れます。


詳細:片手持ち四方投げ(二)


この技は、(二)の技ですので、お互いに逆半身に構えてから接近し、受けは仕手の左の手を持ち押してきます。

仕手は、右手をこめかみの横に振り上げ、受けの顔面に向け当身を入れます。

次に、終末動作(二)と同様に、左足を軸に後方に180度回転します。

このとき、左手の手首に受けの手の平が乗るように丸く導き、右手は、小指側三本を相手の手首にかけ、親指は脈部に当たるようにします。

両手を額の前に振りかぶり、しっかりと前足に重心をかけます。

臂力の養成(ニ)の要領で左足から右足へと重心を移動し、さらに後ろ足を引き付け、構えの形になります。
そして、このときに相手の腕を肩口に折りたたみます。

腰の力、体全体の力をのせるようにして、相手を前方下に倒し、左膝は右足踵近くに引き付けます。

さらに相手を押さえ込みつつ、最後に受けの顔面に当身を入れます。


注意点:片手持ち四方投げ(二)


左足を軸に回転する際には、相手の手の平を自分の手の甲に密着させ、相手の肘を伸ばして体を浮かせるようにします。

その次の重心移動では、振りかぶった手をくぐるような動きにならないように。

また、自分の両手が常に自分の正面に位置するようにし、片手でもぎ取ったりせずに、持たれている左手も利用して腕を折りたたむようにします。


全体を通して構えの姿勢を維持し、肩が上がったり、腕が曲がったりしないようにします。

また、腕で押したり、引っ張り込んだりせずに、体全体で技をかけるようにします。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(一) [ 千野進 ]