指定指導法 正面打ち三ヶ条抑え(二)

まず最初に、三ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。

三ヶ条の持ち方は、相手の手首関節に自分の親指、人差し指の付け根を当て、相手の手の甲に自分の手の平を密着させ、小指側三本指を相手の小指側に深くかけて持ちます。

このように受けの手首、肘、肩をカタカナの「コの字」型に曲げて持ち、手首関節を極めます。

正面打ち三ヶ条抑え(二)は、受けより正面を打ってきたときに、その手刀を受け流して、三ヶ条に極め、うつ伏せに制し、抑える技です。


概略:正面打ち三ヶ条抑え(二)


お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の正面を打ち、仕手はこれを受けます。

仕手は、左足を軸に後方に180度回転し、受けの力を受け流します。

次に右手を相手の指先方向にずらし、丸く返しながら、左足を相手の後方に進め、左手は肘に添え突き上げます。

左手を、手首にずらして三ヶ条に持ち、前足を軸に回転し、三ヶ条に締めます。

締めた手を切りおろしながら、左足を丸く引き、同時に右手で当て身を入れます。

続いて、右手を相手の肘にあてがい、後方に下がりながらえぐり、腰を切り、右足を踏み込み、相手をうつ伏せにします。

相手と平行に向きを変え、相手の腕を自分の体に固定し、抑えます。


詳細:正面打ち三ヶ条抑え(二)


この技は(ニ)の技なので、お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の正面を打ち、仕手はこれを受けます。

仕手は、左足を軸に後方に180度回転し、相手の肘関節を掴んだ左手を丸く返し、相手を崩します。

続いて、手首に添えた右手を相手の指先方向、自分の人差し指が相手の拳の線に当たるところまでずらします。
このとき、自分の親指が相手の手の平に当たるようにし、相手の指先を小指側から持ちます。

左足を相手の後方に進め、相手の手の平が自分の顔の前に来るように丸く返し、左手は肘に添え、突き上げます。

相手の体勢を浮かせたまま、左手を肘から手首にずらして三ヶ条に持ち、左足を軸に回転、三ヶ条に持った手を相手の脇口方向に押し出すように締めます。

そのまま三ヶ条に極めたまま、手を腰の前に切りおろし、左足を後方に丸く引くと同時に右手で当て身を入れます。
このときは、右足も引きつけ、重心はしっかりと前足にかけています。

次に、親指が内側を向くように、右手を相手の肘にあてがい、 相手の腕の反りの方向に合わせ後方にさがりながら相手の肘をえぐるように返します。

続いて、相手の頭の向いている方向に、腰を入れ、右足から移動し、左膝を着き、相手を完全にうつ伏せにします。

三ヶ条を極めたまま、相手と平行に向きを変え、三ヶ条に持った左手の上に右手を添えます。

左手から右手に持ちかえ、三ヶ条をゆるめることなく、相手の手の平を自分の胸に固定します。

左手刀を肘に当て、左腰を相手の頭の方向に入れ、手首、肩を極めて抑えます。



注意点:正面打ち三ヶ条抑え(二)


指先を持った手を丸く返し、肘を突き上げる時、突き上げと同時に体を浮かさないようにします。

三ヶ条を締めるときは、手だけでねじらないようにします。また、回転の際に重心が下がらないにします。

腕の曲げすぎ、伸びすぎにも注意します。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(二) 千野進