指定指導法 正面打ち一ヶ条抑え(二)

一ヶ条抑えとは、相手の肘関節を中心に体全体を崩し、肩、肘、手首を制し抑える技です。

正面打ち一ヶ条抑え(二)は、相手より仕手の正面を打ってきたときに、その手刀を受け流して、一ヶ条抑えにて相手を制し抑える技になります。


概略:正面打ち一ヶ条抑え(二)


お互いに逆半身に構え、接近し、受けは手刀で仕手の正面を打ち、仕手はこれを受けます。

次に、前足を軸に後方に180度回転し、両手をらせん状に切り下ろします。

さらに重心移動して、相手を崩し、体勢を沈め、相手をうつ伏せにします。

相手の腕を畳におき、上から抑え、制します。


詳細:正面打ち一ヶ条抑え(二)


この技は、(二)の技ですので、お互いに逆半身に構えてから接近し、受けは右手刀を振りかぶり、前進しながら仕手の正面を打ちます。

仕手は、体勢を安定させてこれを受け、左手は、相手の右手の肘関節を掴みます。
この時、肘は伸ばしきらずに、やや曲げた構えの体勢になります。

左足を軸に後方に180度回転し、右手は手刀で丸く誘導し、左手は相手の肘を丸く返しながら、らせん状に切り下ろし、崩します。

臂力の養成(ニ)の要領で、左足から右足に重心移動して体を反転させ、さらに、相手をらせん状に切りおろし、左膝を相手の脇の下に引き付け、畳に着きます。

このとき、相手の腕は腰の前にあり、相手は完全にうつ伏せになった状態です。

次に、右膝と同時に相手の腕を畳に置き、右膝を手首を掴んでいる右手の内側に置き、両膝を開くことによって、相手の肘関節を完全に伸ばします。

背中、首筋をしっかりと伸ばし、上から垂直の力を加え、その力を相手の手首方向に流すようにして抑えます。


注意点:正面打ち一ヶ条抑え(二)


後方に180度回転し、崩す際には、相手の手首を早く掴むことなく、小指側から徐々に、相手の腕が裏返り、手の平が上を向くように切りおろします。

回転、重心移動の際には、両手で引っ張り込んだり、または、押し込んだりといったことがないよう注意し、両手が常に自分の正面に位置しているようにします。

最後の抑えは、相手の脇が90度以上開くようにし、猫背にならないように目線はまっすぐ前を見て、腰を浮かさずに抑えます。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(一) [ 千野進 ]