指定指導法 肩持ち肘締め(二)

肘締めとは、相手の肘関節を完全に伸ばしきり、肘と胸ではさみ、固定し、回転動作により肘の曲がらない方向に力を加え、締め、相手を制する技です。


肩持ち肘締め(二)は、受けが肩を持ち押してきた場合に、その力を受け流し、体を崩し、肘を伸ばし、肘締めで制する技です。


概略:肩持ち肘締め(二)


お互いに逆半身に構え、接近し、受けは仕手の肩を持ち押してきます。

仕手は左横に移動しながら、左手を丸く突き出し、同時に右手で顔面に当て身を入れます。

次に、右手を相手の右手にあてがい、左手刀で相手の肘をすり上げながら、左足を軸に、右足を後方へ45度回転します。

続いて前足を軸に後方に大きく回転し、左手刀を丸く返すと同時に、ずらしていき、左肘と胸で相手の肘関節をはさみ固定します。

前足を軸に前方に回転し、肘関節を極めます。



詳細:肩持ち肘締め(二)


この技は、(ニ)の技ですので、お互いに逆半身に構えてから接近し、受けは手の甲を上にして仕手の左肩を持ち、押してきます。

仕手は、受けが押して来る力に合わせ、左横に移動し、左手は、手の平を下向きにし、丸く突き出します。

同時に右裏拳を相手の顔面に入れます。このとき目線は、当て身を入れた方向を見ます。

右手を相手の右手の甲にかぶせるようにあてがい、肩に固定し、前足を軸に後方に45度回転しながら、左手刀で相手の肘をすり上げるよう突き上げ、相手の体を浮かします。

さらに後方に大きく回転しながら、すりあげた左手刀を相手の肘に添って丸く返し、ら旋状に切りおろします。

このとき、右手は肩に固定したままで、この切りおろしと回転の動作により、相手の肘が十分伸びきったところで、左手刀をずらし、左手で相手の手首を下からつかみ、左肘と胸で相手の肘関節をはさみ固定します。

固定を緩めないように、前足を軸に前方に回転し、相手の肘が曲がらない方向に力を加え、肘関節を極めます。


注意点:肩持ち肘締め(二)


回転動作の中で、相手の肘関節を挟みに行く時は、引き込まずに、胸で迎えるような気持ちで胸に固定します。

相手の肘を締める時は、回転の力を使い、腕の力で締めないようにします。

締め終わった後の前足の形が内股にならないように、つま先を外側に向け、腰を入れます。


参考資料


こちらのDVDで、技の確認ができます。
(ただし、“胸持ち” 肩持ち肘締め(二)になります)
    ↓     ↓


養神館合気道技術教則 基本技法初級篇(二) 千野進