指定指導法

指定指導法 全体の流れ
「指定指導法」の全体的な流れは以下のようになります。  ①指定された技についての説明  ②指定された技を通して行う  ③指定された技の概略について説明  ④指定された技の詳細について説明  ⑤指定された技の注意点について説明  ⑥指定された技を
指定指導法 片手持ち四方投げ(一)
四方投げとは、相手の腕を肩口に折りたたんで後方、あるいは四方に投げる技で、終末動作の動きが基本となります。 片手持ち四方投げ(一)は、相手が片手を持って引いてきたときに、その引く力に合わせて崩し、四方投げで後方に倒す技で、終末動作(一)と同じ動きになりま
指定指導法 片手持ち四方投げ(二)
四方投げとは、相手の腕を肩口に折りたたんで後方、あるいは四方に投げる技で、終末動作の動きが基本となります。 片手持ち四方投げ(二)は、相手が片手を持って押してきたときに、その力を受け流し、四方投げで後方に倒す技で、終末動作(二)と同じ動きになります。
指定指導法 正面打ち一ヶ条抑え(一)
一ヶ条抑えとは、相手の肘関節を中心に体全体を崩し、肩、肘、手首を制し抑える技です。 正面打ち一ヶ条抑え(一)は、仕手より手刀で相手の正面を打ち、よけた受けの腕の肘関節を中心に、一ヶ条抑えにて相手を制し抑える技になります。 概略:正面打ち一ヶ条抑
指定指導法 正面打ち一ヶ条抑え(二)
一ヶ条抑えとは、相手の肘関節を中心に体全体を崩し、肩、肘、手首を制し抑える技です。 正面打ち一ヶ条抑え(二)は、相手より仕手の正面を打ってきたときに、その手刀を受け流して、一ヶ条抑えにて相手を制し抑える技になります。 概略:正面打ち一ヶ条抑え(
指定指導法 片手持ち二ヶ条抑え(一)
まず最初に、ニヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 ニヶ条の持ち方は、相手の手の甲に、自分の手の平が密着するようにし、また、小指を手関節にしっかりとかけ、相手の腕をひらがなの「くの字」型に曲げて持ちます。 締め方ですが、足、腰の力を両方の
指定指導法 片手持ち二ヶ条抑え(二)
まず最初に、ニヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 ニヶ条の持ち方は、相手の手の甲に、自分の手の平が密着するようにし、また、小指を手関節にしっかりとかけ、相手の腕をひらがなの「くの字」型に曲げて持ちます。 締め方ですが、足、腰の力を両方の
指定指導法 正面打ち三ヶ条抑え(一)
まず最初に、三ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 三ヶ条の持ち方は、相手の手首関節に自分の親指、人差し指の付け根を当て、相手の手の甲に自分の手の平を密着させ、小指側三本指を相手の小指側に深くかけて持ちます。 このように受けの手首、肘、肩
指定指導法 正面打ち三ヶ条抑え(二)
まず最初に、三ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 三ヶ条の持ち方は、相手の手首関節に自分の親指、人差し指の付け根を当て、相手の手の甲に自分の手の平を密着させ、小指側三本指を相手の小指側に深くかけて持ちます。 このように受けの手首、肘、肩
指定指導法 正面打ち四ヶ条抑え(一)
まず最初に、四ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 四ヶ条の持ち方は、自分の人差し指の付け根を、相手の手首内側、手首より10cm以内の脈部の線上に当て、小指側三本を固定し、もう一方の手は、手の甲側を持ちます。 この形から、人差し指の付け根
指定指導法 正面打ち四ヶ条抑え(二)
まず最初に、四ヶ条の持ち方、締め方を受けを使って説明します。 四ヶ条の持ち方は、自分の人差し指の付け根を、相手の手首内側、手首より10cm以内の脈部の線上に当て、小指側三本を固定し、もう一方の手は、手の甲側を持ちます。 この形から、人差し指の付け根
指定指導法 片手持ち側面入り身投げ(一)
入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。 相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」で
指定指導法 片手持ち側面入り身投げ(二)
入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。 相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」で
指定指導法 正面打ち正面入り身投げ(一)
入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。 相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」で
指定指導法 正面打ち正面入り身投げ(ニ)
入り身投げとは、相手の力の線をはずし、体を捌き、相手の側面から身を入れて投げる技で、「側面入り身投げ」と「正面入り身投げ」のニ種類があります。 相手の側面に対し側面から崩すのが「側面入り身投げ」、相手の側面に入り込み、正面から崩すのが「正面入り身投げ」で
指定指導法 肩持ち肘締め(一)
肘締めとは、相手の肘関節を完全に伸ばしきり、肘と胸ではさみ、固定し、回転動作により肘の曲がらない方向に力を加え、締め、相手を制する技です。 肩持ち肘締め(一)は、受けが肩を持って引いてきた場合に、引く力に合わせ移動し、体を崩し、肘を伸ばし、肘締めで制
指定指導法 肩持ち肘締め(二)
肘締めとは、相手の肘関節を完全に伸ばしきり、肘と胸ではさみ、固定し、回転動作により肘の曲がらない方向に力を加え、締め、相手を制する技です。 肩持ち肘締め(二)は、受けが肩を持ち押してきた場合に、その力を受け流し、体を崩し、肘を伸ばし、肘締めで制する技
指定指導法 正面打ち小手返し(一)
まず最初に、小手返しの持ち方について受けを使って説明します。 小手返しの持ち方は、相手の親指側を手の平でつつみ込むように軽く掴みます。 このとき、小指は相手の手首関節、親指は手の甲の小指と薬指の付け根に当たるようにします。 この形から、相手の
指定指導法 正面打ち小手返し(二)
まず最初に、小手返しの持ち方について、受けを使って説明します。 小手返しの持ち方は、相手の親指側を手の平でつつみ込むように軽く掴みます。 このとき、小指は相手の手首関節、親指は手の甲の小指と薬指の付け根に当たるようにします。 この形から、相手
指定指導法 両手持ち天地投げ(一)
天地投げとは、相手の力に合わせ、左右の手を上下、すなわち、天と地に切り分け、相手を自分の動きに同化させて崩し、さらに体を進めることにより切り崩し、倒す技です。 両手持ち天地投げ(一)は、相手が両手を持って引いてきた場合、その引く力に合わせて崩し、天地
指定指導法 両手持ち天地投げ(二)
天地投げとは、相手の力に合わせ、左右の手を上下、すなわち、天と地に切り分け、相手を自分の動きに同化させて崩し、さらに体を進めることにより切り崩し、倒す技です。 両手持ち天地投げ(二)は、相手が両手を持って押してきたときに、その力を受け流し、崩し、天地